当院の特長

1.口腔外科が専門です
院長は大学病院の口腔外科に13年間勤務していたので、口腔外科的な診断や治療が得意です。また、歯科治療中に気分が悪くなったりしたとき的確に対応できて安心です。どうすれば治療中に気分が悪くなりにくいかもよく知っています。

2.全身管理ができます
広大医学部の麻酔科で100例以上、歯学部の麻酔科で50例以上の全身麻酔のトレーニングを受けていて、救急時の全身管理ができます。

3.難しい抜歯が得意です
豊富な手術経験から、よその歯科医院では抜けないような難しい親知らずの抜歯などの手術が得意です。

4.蓄膿症やオタフクカゼなどの診断ができます
口腔外科の経験から、歯やアゴ、耳の症状が出て紛らわしい蓄膿症やオタフクかぜ、顎関節症などの診断ができます。

5.口腔がんの発見
口腔がんを早く的確にみつけて診断できます。

6.歯の移植術が得意です
歯根膜という歯の命のような大切な組織を最大限に生かした、歯の移植術が好きです。智歯の移植術は保険でも認められた治療です。

7.滅菌、消毒などに気を配っています
外科では、手術の時、清潔と不潔を厳密に区別することが重要なので、当院の治療器具の清潔さにも十分、気を配っています。

8.矯正治療は専門医が担当しています
矯正治療は専門性の高い治療だと考えていますので、矯正認定医、指導医の資格を持った矯正専門医(吉田志乃先生)が担当していますので安心です。

9.無痛治療を心がけています
針の無い麻酔を導入していますので、麻酔の針を刺すときの痛みからも解放されます。希望されれば、どんな処置も麻酔下で治療します。

10.スタッフが充実しています
子供さんやお年寄り(車椅子の方も)のお世話に慣れたやさしいスタッフですから安心です。

11.予防に力を入れています
なるべく歯を削ったりしないですむように、虫歯と歯周病の予防に特に力を入れて取り組んでいます。

12.歯を気持ちのいい状態に保ちます
きれいな歯の状態を体感していただくために、スタッフによるブラッシングと歯茎のマッサージをなるべく多く取り入れた治療を心がけています。患者さんが普段のブラッシングで除ききれず残している細菌の塊を除去するPMTCという新しい処置も取り入れています。

13. 広島市西区の川本内科・呼吸器内科クリニック, いびき・睡眠時無呼吸管理センター(082-292-3669)の川本 仁先生にご指導いただいて, 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療をおこなっています。(平成29年5月現在、口腔内装置〈マウスピース〉治療患者は680例に達しています)

http://www.kawamoto-clinic.net/index.html

14.3Mix法という優れた治療法を取り入れています。従来なら神経(歯髄)を取っていた症例でも保存の可能性が! 「神経」を取ってしまうと水分で潤っていた歯(象牙質)は、枯れ木のようになって、割れる可能性が高くなってしまいます。(cf 「治療内容」)

医院からのお知らせ

*****歯科治療とは直接には関係ありませんが、私にとってかけがえのない、私を支えてくれる、文学や音楽、美術に対する私の想いを綴った「院長コラム」欄を、左端メニューに追加いたしました。当院で私と初対面となるまえに、私の人となりをご理解いただくために参考にしていただけると幸いです*****

現実を支えるもの

 1978年にノーベル文学賞を受賞したポーランド生まれのユダヤ人作家アイザック・バシュヴィス・シンガーの「不浄の血」という本を二年ほど前に読みました(現在H29年1月)。母語であるイディッシュ語で著作を続けた作家だったのだそうです。ユダヤ人は国土も国境も持たない故郷喪失者であると述べたということです。ノーベル賞受賞講演で、イディッシュ語には「武器」や「軍事演習」や「作戦」などのきな臭い事柄をあらわす単語はないのだと誇らしげに語ったそうです。著書は言わずもがな、その著作の翻訳を手掛けられた立命館大学教授の西 成彦(まさひこ)先生が、解題の末尾に、「妄想の力こそが、ひとの生を下から支え、ひとの性欲や感情をぐいぐい引っ張り、突き動かしているという現実を、われわれは直視しなければならない。バシュヴィス・シンガーの偉大さは、幻想や妄想こそが「現実=リアル」だということを徹底的に描くことのできた、たぐいまれな二〇世紀作家のひとりだった点にある」と書かれています。ちょっと、理屈っぽくて分かりにくいかも知れませんが、例えば歴史の大きな転換点などで革命を起こしたり、独立運動を起こしたりするような、人々の巨大なエネルギーは、実は人々の大きな勘違いや妄想や青臭い理想などを本気で信じる気概や熱意から始まると言えば、そうかも知れないと思いませんか? 画期的な科学の発明や革新的な医学の技術的進歩や臨床実績なども、初めは些細な思い込みや夢見るような妄想から、現実的な成功につながるのだと言えば、そうかも知れないと思いませんか?  「空想は現実の反対側にあるものではなく、空想の延長線上に現実がある」と言ったのは、北田博充という最近の出版人だそうです(「これからの本屋」から)。同じことを言われていますよね。そんなことは非現実的な夢物語だと言っていたのでは、何にも変わりません。まずは、信じること。己のせんとすることを妄想と言われるまでに信じ切って、信念に基づいてしつこくやり続けることでしか世の中は変わりません。何を青臭い屁理屈を言っているんだ、というような物知り顔の世間ずれした妙に落ち着き払った「大人」では、何もできません。人に揶揄されることを恐れずに己の信ずる人生を突き進む勇気と根気と情熱を忘れたくはないものです。したり顔の固い頭の「大人」になるのはなしにしましょう。年齢は無関係! です。  

豊かな生を生き抜いて、よりよく逝くために必要な医療; 患者は魂をもった一人の人として扱ってくれる医療を求めているのです!! 

アトゥール・ガワンデ「死すべき定め」は、近年の読書の成果、5本の指に入る名著でした。忘れられない一冊となりました。アメリカの現役の外科医の筆になる本書は米国でも大きな反響があったそうです。医学は患者をより長く生かすために すべての心血を注ぎ、豊かに、より良く死ぬための配慮には決定的に欠けているというのです。細分化され、ルーチン化された医学的治療は、老化と病気による人の死において人生の最期を迎えたときに満ち足りて生きるという視点が欠落しています。「医療関係者は役に立たない、なぜなら、治せる患者でなければ、医師は患者に興味を示さないからだ」、と著者ははっきり言い切ります。終末期にしっかりと時間を割いて医者と患者が話し合うことで、患者は魂を救われ、一人の人として扱ってもらうことで、患者はどんな治療になら何が大切だから耐えられる、応じられるけど、これこれはやめてほしいという判断ができるのです。病院のICUで何も話せない状況で、これでもかという乱暴な医療行為を勝手にされて、何もじぶんの大切なことを伝えられずに逝ってしまうことは本当に辛い、無意味な死に方だと知りました。著者は言います。「医療従事者としての責任は、人を人として扱うことだ。人は一度しか死ねない。難しい話し合いに前向きに取り組む医療従事者が必要だ。今まで見てきたことを伝え、来るべきものに対する備えを手伝ってくれる専門家にならなくてはならない」と。緩和ケアという医療分野は、そのようなことを大切にして取り組む、よりよく逝くためのかけがえのない医療だと思います。

人はなぜ死ぬのか?

 この地球上に微生物のような生命が初めて誕生したとき、その生命にはずっと長い間、死というものは無かったのだそうです。生命が進化を続け、生殖細胞が出現したとき、つまり次世代の子孫を残すことが運命づけられたときに、詳しい仕組みは覚えていませんが、死というものが同時に宿命になったのだそうです。絶妙なからくりとしか言いようがありません。物理的に限られた空間しか持たないこの地球上で、例えば人類が生息をし続けるためには、次世代の者のために席を譲らなければ、溢れかえった人類の食物も居場所もなくなってしまって、やがて滅びてしまうことは考えてみればすぐに分かることです。

 最近、全国的に広がりをみせている「がん哲学外来」の創始者、順天堂大学の樋野興夫先生は、命よりも大切なものがあると言われます。「じぶんの命よりも」と置き換えると分かりやすいかも知れません。人々が住みやすい平等な世界や国を作るため、病に苦しむ小さな命を救うため、じぶんの命を賭して政治や医学の発展に貢献した人々が居ます。そんな大袈裟なことでなくても、じぶんの家族や子どもの命はじぶんの命よりも大切だと思う人は多いのではないでしょうか。それが人それぞれに課せられた使命だと先生は言われます。その使命の前には、死は恐るるに足らないのだと。

 人間は宇宙と比べれば、水辺のひとくきの葦ほどに折れやすくて儚い(はかない)存在であるが、その彼をあっさりと押しつぶしてしまう宇宙よりも尊い存在たらしめているのは、「彼がじぶんが死ぬことと、宇宙のじぶんにたいする優勢を知っている」考える葦であるからだ、とパスカルは言います。思考することによって、宇宙さえもつつみこんでしまうことができる、と。

 桜が一年中咲いていたら、その価値は随分と低くなってしまうでしょう。人は、じぶんには限られた時間しかないから少しでも有意義に生きたいと思うのかも知れません。人間が不死を手に入れたとしたら、もはや怠惰で努力をしない汚らしい生命に堕してしまうかも知れません。勿論、身近な大切なひとの死は、悲しく寂しいものですが、ちょっとした順番の違いです。あっという間に追いついて、同じ死の世界に辿り着くことができます。大切なひとは子孫の邪魔にならない魂というかたちで、残された者のこころに、その者の命が尽きるまで共に存在し続けてくれます。残す者のことを案じてくれながら。

Welcome!  ほじょ犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)!  当院では身体障害者補助犬の同伴を歓迎いたします。

 「子どもの顎育(がくいく)で睡眠時無呼吸症候群の予備軍を減らしましょう!」

顎育は私の造語ですが、咀嚼回数が減って噛めない子、噛まない子が増えています。しっかり噛むことの効用は日本歯科医師会など各種の団体からも最近とみに叫ばれています。私はこの十年ほどの間に呼吸器内科医の川本 仁先生のご指導やご協力を受けて、550例ほどの閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAHS)の患者様に口腔内装置を作って、OSAHSの治療の一端を担わせていただいています。日本人のOSAHSの一つの特徴は、肥満でもないのにいびきや息が止まる無呼吸が起こるということです。西洋人の場合のOSAHSはほとんどが肥満に関連して起こります。日本人を含む東洋人は顎が小さいために舌を収める空間が少なくなって、咽(のど)のほうに舌が落ち込んでOSAHSになってしまうのです。食事の時に噛んで飲み込むまでの咀嚼回数は戦前に比べても半減しています。卑弥呼の昔から比べると大変な違いです。昔は「しっかり噛んで食べなさい」と、恐い家長や母親が躾けていたのです。硬いものを無理に噛む必要はありませんが、自然と咀嚼回数の増える食材を選んだり、調理法を工夫して、小さい時から、しっかり噛んで、しっかり飲みこむ習慣をつけることはいいことがいっぱいです。その一つが、幅の広いがっしりとした歯並びや「えら」の張った逞しい顎の成長を促してくれる可能性が高いということです。それが、睡眠時無呼吸症候群の予備軍を減らすという一次予防につながるかもしれないと私は考えています。歯並びが完成するのが12歳、13歳くらい、顎の成長が止まるのが男の子なら18歳くらい、女の子なら16歳くらいです。それまでが勝負なのです。親の責任ですよね。

「認知症の方の口腔ケアにぜひいらしてください」認知症の方の口腔ケアを最近させていただいていて、とても喜ばれますし、スタッフもやりがいを感じられるようです。一度、試しに、ご家族に余裕があれば、連れていらしてください。できることをいっしょに捜しましょう!

「親知らずを不用意に抜かないで!」 最近、当院では歯の移植が続いています。どうしても抜かざるを得なくなった歯を抜いて、そこに親不知を移植するのです。親不知は抜くのが当たり前のように思われておられる方もあるかも知れませんが、わたしは、きれいに磨けて虫歯にせずに置いておける親不知は残しておくべきだと患者さんに常々説明しています。親不知の移植は保険でも認められていますし、なによりインプラントには無い、歯根膜という「優れもの」が付いていますから、元の歯とまったく同じように感覚を持ったじぶんの歯が蘇るのです。歯医者は親不知を抜くように説明するのではなく、いかにして清潔に虫歯にせず親不知を残すかということを患者さんにアドバイスするべきだと思っています。

「ときに癒し、しばしば和らげ、つねに慰む」

このことばをご紹介するのは、二回目だと記憶しています。アメリカの結核医エドワード・リビングストーン・トゥルドーの功績を讃えて、ニューヨーク州の北部カナダ国境から車で一時間余りのところにあるサラナックレークという街のトゥルドーサナトリウムに2000名を越える患者さんたちが建てた記念碑の背面に刻されていることばです。サラナックレークは小さな湖の湖畔にある小さな美しい街です。私が、なぜ、見てきたようなことを言うかといいますと、1987年から二年ほど、私は、結婚したばかりの妻を伴って、サラナックレークの隣町、ここも負けず劣らず美しくて、より大きな湖を囲んでいるレークプラッシッドという街にある研究所に留学していたからなのです。サラナックまでは車で10分くらいだったと思います。しょっちゅう通り過ぎたり、その街のレストランに行ったりしました。その当時もトゥルドーインスティテゥートという研究所として施設は残っていました。もちろん、結核のサナトリウムはなくなっていましたけれど。結核を転地療養するような時代はとっくに終わっていましたから。このことばは、トゥルドー自身のことばではありません。出典は不明のようです。いずれにしても、医療というものは、勿論歯科医療もそうであると私は思っていますが、ときに患者さんの病気を癒して差しあげることが出来るかもしれないけれど、必ずしもいつも上手くいくとは限りません、せめて患者さんの苦痛をよく和らげてあげるものでなくてはなりません。それにもまして大切なことは、何も出来なくても常に患者さんの近くに寄り添って、そっと手を握ることしか出来ないかもしれませんが、慰めのことばや態度を示さなくてはならないということだと思います。

 金属アレルギーと診断されたかたの来院が増えています。類は友を呼ぶというのでしょうか? ちょっと違うか? 少しは、お役にたてます。

 最近、歯ぎしりが原因のさまざまな症状で来院される患者様が多いことに驚いています。私もしますが、歯ぎしりは昔言われていたような悪い習慣とは考えない人たちもいます。牙で獲物を捕らえる動物の本来持つ遠い記憶に根ざした、ストレスを上手に発散するために役立つ行為と捉える考え方です。最近の報告では、比較的若い世代の方の閉塞性睡眠時無呼吸症候群では、眠っているときに息が苦しいのをなんとかしようとする呼吸努力によって、咀嚼筋が緊張して歯ぎしりをすることがあることも知られるようになってきました。閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療で病状が落ち着くと夜間の歯ぎしりが止まる例がある割合で存在することが分かってきたからです。

 当院では、歯みがき指導(この言葉は不適切な言葉だと、私は思います。英語のteeth brushing instructionを訳した言葉なんでしょうが。まず、「歯磨き」という言葉が変です。歯をごしごし磨き上げるというニュアンスは、う蝕や歯周病を予防するための、大切なポイントを表現していません。teeth brushingの本来の意味も、単に、「歯ブラシで歯をケアする」くらいの意味です。その証拠に、糸ようじを用いたケアはには、ちゃんとflosshingという言葉があります。それと、instruction(指導)というのが、上から目線です。最近の医科を含めた医療サービスの精神からは逸脱しています。私は、最近、oral hygien advice(OHA;口腔衛生の助言)くらいの表現のほうがいいと考えています。H26年6月)は、必要最小限にとどめることにしました。あれこれ「指導」する(口でアレコレ言う)より、専門家がしっかりブラッシングして、その歯ブラシの当たりかたや爽快感を実感してもらうほうが、疾患の予防効果が高いと考える歯科医が増えてきているからです。

 3Mix法という、とても優れた治療法を最近切り札的に多くの症例で応用しています! 「治療内容」のコーナー参照!

 子供さんのむし歯予防のためのかやだ歯科 よぼうクラブをつくっています。入会、年会費などすべて無料です。ポイントがたまると、プレゼントがあります。口腔ケアグッズが割引価格で購入できます。毎回、お口の中の様子を手帳に記録します。子どもたちが歯医者嫌いにならないように、楽しく、定期的にむし歯予防のためにフッ素を塗りに来ていただきたいための工夫としてつくったものです。「歯医者さんに、早く行きたい」と言ってくれる、子どもたちがたくさんいるらしい!!

  歯周病の予防と進行を止めるための、オラールケアにはこだわりをもって力を入れています。ていねいに、時間をかけて、歯石を取ったり、歯ブラシの使い方の練習をしたり、いろいろな口腔ケアグッズを紹介したり、専門家によるブラッシングをしたり、歯ぐきのマッサージをしたり、進んだ歯周病のポケットのケアをしたり、PMTCをしたり。自分の歯を定期的にきちんとお手入れして、なるべく長く自分の歯を守っていこうと積極的に考えておられる方は、ぜひ当院のシステムをご体験ください。

 障害をお持ちのかたの歯科治療は、とてもやりがいがあり、教えていただくことも多いのです。むし歯が無くて、お手入れだけでも結構です。ぜひ、お声をかけてください。

かやだ歯科医院 院長の茅田義明です

あなたは、「痛みだけを止めてほしい」「歯を抜いてほしい」と、痛みが我慢できなくなってから仕方なく歯医者に来ていませんか?痛くなったら、歯医者に行って治してもらえばいいと、簡単に考えていませんか?

あなた自身のことなのに、自分のことを粗末にしてしている人がとても多いような気がします。削っては詰め、抜いては入れることが歯科医の望ましい仕事ではありません。これでは壊れていく患者さんに助力しているのと同じことです。歯はほかのからだのどの部位とも同じように、なるべく人の手を加えず、神様や母親からもらったままの状態を保つことこそが、大切で、理想に近い状態なのです。歯医者が歯をいじればいじるほど、歯の寿命は短くなります。歯の治療は必要悪なのです。

私の医院では、一本の歯が痛んだとき、そして一本の歯を抜くとき、患者さんに「どうしてそうなってしまうのか、それが将来にどんな結果になるのか」ということに少しでも何か感じて、気付いてもらいたいという想いでお話させていただきます。

そして、その場しのぎでとりあえず痛みがなくなれば、もうそれで大丈夫と考えてしまいがちですが歯が痛くなる原因は、まだあなたの口のなかに残ったままなのです。原因はそのままですから、年をおうごとにどんどん他の歯も歯茎も、歯の土台である顎の骨なども悪くなる一方です。自分のお口のなかを健全に保つ知識とテクニックを身につけましょう!

あなたは『悪くなるまで我慢すること』が、何か「医療費の節約」のような気持ちになっていませんか? 我慢は、実は逆に、非常に大きな損をしているということになるんです。歯を定期的にケアする人は、歯をケアしない人と比べて、生涯に支払う医療費が、とても少なくてすむと言われています。欧米では、高い歯の治療を回避するために、定期的なお口のチェックを受ける習慣が根付いていて、感心します。

歯を治療する必要をなくするために、当院に来ていただきたいと思います。歯の治療ではなく、歯のお手入れ、ケアを積極的にすることによって歯の治療をしなくてすむようにすることこそが、かやだ歯科医院の目標であり、前向きな取り組みであると考えています。

What’s New!


読書のお話 その3
展覧会のお話
読書のお話 その2